院長日記

院長の日常を外野席からつらつらと記しています。


「素人マラソン道中記」

毎月第3金曜日に奈良新聞スポーツ欄に掲載されている「素人マラソン道中記」、今月はなかじま接骨院が登場しています♪ 書いていらっしゃる西川さんは47都道府県のマラソン大会制覇を目指し目下チャレンジ中! ただ走るのではなく土地土地の人との交流や、歴史、鉄道の旅、グルメ等の付加価値もまとめて満喫。「一粒で二度美味しい」どころじゃないのは西川さんのリサーチ力によるところ、さすが!そんな西川さんの応援団として制覇までサポートしていけたら嬉しいですね。小ネタ満載の記事は待合室に掲示中♪

作戦勝ち

ハロウィンを片付けて手持ち無沙汰…クリスマスデコには「待て!」がかかっていましたが、しびれを切らして物置小屋の端材でコソコソ…しかし薄い板に四苦八苦でイメージからどんどん遠ざかる、泣。そこへ「ちょっと見せてごらん」←ハイ、罠にかかった院長、笑♪ 私1人ではゴールまでたどり着けなかったであろうミニツリーをチャチャっと作ってくれました。イメージより上出来にご機嫌♪ 今晩の夕食は腕を振るいます!

「青の朗読会」余話

今回の朗読会のドレスコードは「青」。アクセサリーやお洋服にと様々な「青」を纏って来場のお客様、紙作家さん作品の想像を掻き立てる壁面いっぱいの「青」、フラワーアレンジメントの踊る「青」、「青」が脳内にリアルに湧いてくる朗読とで、会場の一体感はもう半端なかったです!ホント贅沢至極のひと時♪  まあ皆さんの「青」の豊かな事ったら…一方コレらはワタシの「青」…あぁ想像力が乏し過ぎる(泣)

「青の朗読会」

関西ではあまり開催されていない朗読会を「奈良でも拡めるべきよ!」と、東京で朗読をしている親友を奈良まで引っ張って来て3年目になりました。手伝ってくれる仲間やリピーターのお客様も増えて今では彼女が奈良ファンに♪ 「1年に一回ならあともう20回しか奈良で朗読会出来ないじゃない!」と朗読会終了直後からもう焦っている40年来の親友はかなり愛おしい、笑。奈良を大好きになってくれてありがとう!

ゆず酒2018

今年もたくさんの柚子をいただいて3.6ℓのゆず酒を作りました♪ 部屋中がいい香り、今から年明けの「飲み頃」が楽しみです…きっとフライングしちゃうけど(汗)。そんな香り高い柚子には3~5センチの長さの鋭い棘があることをご存知ですか?棘の存在意義はまだよくわからないのだそうですが、自分の実をも傷つけてしまう棘は収穫時の難敵で皮手袋が必須とか。う~ん、コワいけど触ってみたい(笑)。棘を潜り抜けて我が家にやってきた柚子、大事に大事に味わいたいと思います♪