院長日記

院長の日常を外野席からつらつらと記しています。


登山道補修

画像は葛城山「櫛羅の滝」登山道の中程、春まで通行止めでした。櫛羅の滝も周りの景色が一変していて道を間違ったと思うほど…台風・大雨・地震の怖さをまざまざと見せられた感じでしたが、登山道補修のおかげでちゃんと下山出来ました。新しい道を踏み固めたり、迂回のための階段を設置したり、倒木を切り整えたり…どこを調べても山岳団体の方々なのか市の職員の方々なのか有志の方々なのかわかりませんが補修して下さった方々にはただただ感謝です。命懸けの大変な作業にお礼を一言伝えたいなぁと切に思った日曜日。

郵便名柄館

日曜日のダイトレ練習会後半の「酷暑残酷7キロロード」は日陰もコンビニも殆ど無し!熱中症対策として身体を冷やす目的でちょっと寄らせてもらった「郵便名柄館」は築100年の使われなくなった郵便局を面影を残しながらリフォームしたオシャレなカフェです。お昼時でお客さんいっぱいのところに汗まみれのランナー達がお邪魔して涼ませてもらった上に冷たいお水まで提供いただきみんな見事生き返りました、感謝!翌日にお礼も兼ねて院長とカフェデート♪ レトロな家具に囲まれた店内は時間がゆっくり流れてる感じ、パフェも美味!30分の至福を味わい、てんこ盛りの家事をやっつけに帰宅…現実とのギャップが甚だしい、泣。

酷暑ダイトレ

「厳重警戒:激しい運動は中止」の奈良県情報が出た日曜日に仲間とプチダイトレ走って来ました。今回は二上山から葛城山までダイトレコースを走り下山してかもきみの湯まで走る設定。ダイトレ名物「木階段」には毎回辟易ですがなんたって暑さが違う!山の中は「激しい運動」だって出来るくらいの気温でした(しないけど)。足も口もたっぷり動かしながら機嫌よく葛城山頂到着しましたが下山してゴールまでの7キロロードが想像以上の「灼熱地獄」…全員無事ゴール出来てホント良かった♪ 酷暑のスポーツ、計画はもっと慎重にと猛省です。コースのあちこちにこんな滝があればいいんですけどね…院長はしゃぎ過ぎ、笑。

盲点

欠食児を複数抱えているので「スーパーマーケット詣」は日々欠かせません。毎日見続けている景色なのに昨日まで家族の誰もが気付かなかった頭上にある「洋日配」の売場案内。「洋日配って何だ何だ?」と騒ぎながら帰宅。調べてみれば「日持ちせず日々配送される主に乳製品から出来た商品」だそうです。「じゃ、和日配もあるんじゃね?」…ほほう、ありました♪ 豆腐・生麺・漬物・納豆なんかがこのカテゴリー。だから何だと言われればそれまでなのですが、盲点なのか発見なのか…ちょっとした「気付き」で変に盛り上がった我が家のオハナシ♪ これってもしかして世の中の常識ですかね(汗)

明日香オリエンテーリング

昨日はランニングクラブの総会でした。総会の前にはもちろん「前菜ラン」♪ ここ数日の大雨でいつもの峠のコースは安全上回避、即興で6チームを編成してオリエンテーリングへGO!地図を片手に総会までの2時間でどれだけ名所旧跡を周って写真を撮って戻って来るかという企画に我々チームは「フォトロゲ上級者」を味方に22箇所を回りましたが上には上がおりました…。それにしても遺跡の数がハンパない!凄いところに住んでいるんだなぁと20数年経って気づくのもなんですが、飛鳥時代を身近に感じながらのオリエンテーリング、楽しかったデス!次は「解説員」もメンバーにいてくれたらさらに素敵!とか思ってマス♪